読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんまり公にはしたくないこと

猫とか薬とかゲームとか好きなものと、それ以外のこと

愛される消化試合が夢

仕事してる時って毎日に追われて気付いたら1ヶ月終わってて…

仕事してない時って毎日がゆったりで気付いたら1ヶ月終わってて…

 

どっちがいいんだろうね

同じ時間が過ぎていくだけならお金稼げる仕事してる方がいいだろうけど、仕事するってなぜか出費も増える事とイコールだからな

仕事にやりがいなんか求めてないし

っていうか人生に生きがいなんて求めてない

私の人生って消化試合なんだなーと良く思う

よくよく思い出してみたら25歳前後の頃からそう思ってたみたい

…女盛りなのになwww

男にウンザリして人間に疲れて結婚する気もなくなって出来る限り他人と関わりたくなくなって…ってジワジワと移行して行った感じ

まぁうっかり結婚はしたけど、それによって仕事しないでも衣食住とついでにゲームも満たされてるけど、この生活というか結婚というか人間関係というか…そういうのが不変だとも思えないし

だから感謝はしてると思うんだけどありがたいみたいな…こう…なんて言うのかね、へりくだれないというか…

ペット扱いでも自尊心が傷付かないというかw

もともと自尊心がうすいからまぁ当たり前って言えばそうなんだけど、世間的には、嫁をペット扱いって侮辱なんでしょ?

むしろ私はペットになりたいよ…全力で…

 

可愛いが正義で愛される為に存在してるうちのネコ

まぁ本ネコにしたら、何かこう使命感とか任務とかなんかあるのかもしれないけどね、それは人間の私にはわからないけどね

でも私はネコの事を存在そのものが好きでそこに寝てるだけで可愛くてたまにスイッチ入って攻撃してきて腕とか脚に傷跡残されても少ししたら気まずそうにそーっと近寄って様子見に来るとことかなんだこの毛玉可愛すぎる可愛いは正義!ってなるとことか考えると、やっぱりネコは愛される為に存在してるんだと思うんだ

私がなりたかった存在

だからネコ飼ったのかもな

 

そういえば私が25歳くらいの時にこのネコと暮らし始めたんだった

愛される為に存在してるネコを可愛いがってるうちに、自分のなりたかった存在が満たされるようなそんな感覚と、自分のなりたかった存在ってそもそも私ではなれないって実感して理解した

愛されたいと思うのってすごく強い心がないとつらい

強い心か無垢な心がないとそんなの願えないよ

私にはどっちもなかったけど、ネコがお返しに甘えてくれるから愛されるモノの仲間入りしてるようで嬉しい

 

だから本当にネコがいなくなったら私もいなくなりそうなのと、私の人生はずっと消化試合で私の夢はペットになる事